Contents

色のバリエーションをチェックする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電気量販店に行ってみると、パソコンとともにいろいろなプリンターが販売されているはずです。
このプリンターを見てみると、トナーによって使用できる色の種類が違っています。
エントリーモデルという一般的なプリンターであれば4食を使用することが多いです。
ところがハイエンドといってグレードの高いプリンターになれば、8種類の色を使ってプリントアウトしていきます。
使っている色が変わってくれば、プリントされたときの画質も大きく変わってきます。
色の種類が多ければ多いほど発色が強くなるので、滑らかにグラデーションなどを表現することができます。
もしプリンターを購入するにあたって、パソコンで取り込んだ写真の質にこだわってプリントを希望するのであれば、ハイエンドモデルのような色のバリエーションの豊富な機種を選んだ方がいいでしょう。
一方で無視できないこととして、インクのコストがどのくらいかかるのかということです。
何度もプリンターを使用していれば、インクがなくなりますので、カートリッジを交換する必要があります。
ここで問題になってくるのは、トータルコストのパフォーマンスがどうかという点です。
実はプリンターの中には、本体の価格は安いけれども、インクの交換が頻繁に必要で、そこまで含めるとコストが高くついてしまうような機種もあります。
インクの縁がどのくらいなのか、交換するにあたってインクのコストはどのくらいかかるのかという所までチェックして、どの機種を購入するか判断する必要があります。

Copyright (C)2017どうする?自宅のパソコンが壊れた時.All rights reserved.