Contents

データの問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リースサービスを利用するにあたって、不安なこともあるという人はいませんか?
その中でも気になることとして、パソコンをリースしてそのパソコンをリース会社に返却したとします。
この時自分の会社で取り扱ってきたデータの取り扱いはどのようになるのかという問題が出てきます。
時たまテレビのニュースで報道されることもありますが、企業情報が流出すると、その企業は大きなダメージを受けることも考えられます。
自分たちでデータの消去をしても、誰かがその消去したはずのデータを復活させてしまって、自由に閲覧できる状態にしてしまう恐れもあるのではないかと思う人もいるでしょう。
そのようなことのために、リース会社の中には、データ消去ソフトを標準装備している所もあります。
返却するときにパソコンの中に入れたデータをデータ消去ソフトで消去してしまってから返却をすれば、パソコンの中に入っているデータを盗み見られる心配もありません。
よくパソコンのアイコンを使って「削除」する方法をとっている人もいるでしょう。
しかしこれはあくまでもそのデータに削除という信号を入れているだけで、実際にデータ自体がなくなっているわけではありません。
この削除の信号を切り離すことで、データは復活しまたみられる状態になります。
だれからも閲覧できない状態にするためには、削除だけでは不十分で、データ消去ソフトを使用する必要があるわけです。
その部分でもリース会社には抜かりはありません。

Copyright (C)2017どうする?自宅のパソコンが壊れた時.All rights reserved.